ケアプランの難しさ

« 痴呆者のケアプラン | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネはスーパーマン? »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアプランの難しさ

介護保険の制度を上手く活用できるかどうかは 制度を利用する方がいかに主体的になって頂けるか が大切です。 しかし、利用者もサービス事業者も 介護の本質をしっかり理解できているとは 言い難いのが実感です。 よかれと思って介護サービスを目一杯組み込んだところで、 介護サービスを受ける当の高齢者ご本人がついて来れずに疲れ切ってしまい、 いったい誰のためのサービスなのか分からなくなってしまうケース が後を絶ちません。 何でもかんでもヘルプするのではなく、 高齢者が自ら生きる喜びを見出し、日々の生活に張りが出るような ケアプランを目指したいものです。











キーワードでサイト内を検索