痴呆者のケアプラン

« ケアマネもいろいろ | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアプランの難しさ »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


痴呆者のケアプラン

痴呆者のケアマネジメントは本当に難しい問題です。 本人から正確な情報を聞き出すことが難しい以上、 ご家族の方とのコミュニケーションが増えるのは当然なのですが、 御家族の苦悩が大きければ大きいほど、その御家族の主張に引っ張られ、 当のご本人不在のプランになってしまいがちなのです。 痴呆になっても、感情や考えがある生身の人間です。 むしろこれまで築いてきた人生の記憶が時間とともに失われていく現実と 戦っている方なのです。 御家族の意向をお聞きしつつ、ご本人のお気持ちを察したプランを目指す。 ケアマネの努力は尽きません。











キーワードでサイト内を検索