介護保険制度の課題

« ケアマネージャーの質 | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネもいろいろ »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護保険制度の課題

介護保険の利用により、ご本人や 御家族の体力的、精神的、経済的負担を100%は無理でも、ある範囲は軽くすることが可能です。 そこでケアマネージャーは利用者としっかり話し合いながら、 利用するサービスを上手く選んで行かなければなりません。 ただその話し合いの過程で、介護保険制度を利用される方が誤解している場合が多いのも実情です。 介護保険でなんでもかんでも悩みが解決できる訳ではないのです。 出来ることと出来ないことがあることをご理解頂かなければなりません。 また逆に、本当に利用したいサービスが適用外で歯がゆい想いをすることもあります。 まだまだ始まったばかりの介護保険制度、問題は沢山ありますが、 利用者、サービス事業者、ケアマネが一体となり、 優れた制度へ成長させていく事が大切でしょう。











キーワードでサイト内を検索