ケアマネージャーの質

« ケアマネージャーは名前の通りマネジメントする人 | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護保険制度の課題 »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネージャーの質

ケアマネージャー資格試験 介護保険における認定調査は、ほぼケアマネージャーに委託されているのが 現状ですが、裏を返せばケアマネージャーの質により 要介護度が正しく判定されるかどうかが決まってしまう責任を負います。 要介護状態にあると思われる高齢者から、初対面でかつ 限られた時間で、その方の性格や生活習慣を正しく聞きだす事が いかに難しいかは想像して頂けると思います。 認定自体はコンピュータで処理されるため質問事項は決められていますが、 聞くのはあくまで生身の人間、ケアマネージャーです。 質問の仕方を変えてみたり、矛盾するような事を言っていないかを 見抜けるかどうか、ケアマネのがんばりどころです。 基本的にケアマネージャーは実務経験者の中でもさらに 試験に合格したものに資格が与えられますが、 資格をとってからケアマネとして成長することが大切です。 ぜひとも皆さんには、お役所的な冷たいケアマネージャーになって欲しくない と願います。











キーワードでサイト内を検索