ケアマネージャーは時間管理が大切

« ケアマネージャーのやりがい | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネージャーにパソコンは必須です »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネージャーは時間管理が大切

高齢化社会がどんどん進んでいる状況ですから、ケアマネージャーには ものすごく大きな期待が寄せられていることを感じます。 でもその分、責任も大きくなって実務に追われるのが実情ですね。 また、介護に関する国の制度自体がまだまだ発展途上ですから、頻繁に制度見直しがあります。 実務はますます複雑化していきますから、 上手く仕事をこなす工夫をしなければ、事務や給付管理で1日が終わってしまうこともあります。 これはケアマネージャーとしてがんばりどころですね。 事務業務を効率化することで、本来のケアマネジメント業務にいかに時間を割くか。 利用者を訪問しゆっくり話す余裕を持つこと、これがケアマネージャーとして私が 目指している姿です。











キーワードでサイト内を検索