ケアマネージャー試験の出題範囲は

« 実務経験証明書の記入は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネージャー試験の合格者実績は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネージャー試験の出題範囲は

試験の問題は60題で、出題方式は五肢複択方式と五肢択一方式で、解答方法はマークシート方式です。五肢択一方式が、1つの問題文に対して5つの選択肢があり、1つの正解を選ぶ方式です。それに対して五肢複択方式は、正解が複数ある方式のことをいいます。解答方法であるマークシート方式は、選択形式の問題で、機械で読み取れるように、解答用紙上の正解だと思われる答えの番号や記号を、鉛筆で塗りつぶす方法のことです。問題数60題のうち、介護支援分野が25問、保健医療福祉サービス分野が保健医療サービスの知識等 基礎で15問、総合で5問、福祉サービスの知識等で15問出題されます。特定の国家資格を持つ人は、その専門についての問題の解答は免除されます。











キーワードでサイト内を検索