特定の国家資格と実務経験がある人は

« 相談援助業務と経験年数は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 自治体の福祉担当職員などでも受験資格があるとは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


特定の国家資格と実務経験がある人は

ケアマネジャーになるための受験資格の第一に、保健、医療、福祉の分野の国家資格を持っていて、しかもその資格にかかわる仕事を5年以上かつ900日以上の経験がある人という条件があります。国家資格の定義は、法律にもとづいて個人の技能・能力を判定し、特定の職業を営む資格を独占的に与えるものとされています。医師、看護師、弁護士などのようにその資格がないと仕事ができない資格のことを、業務独占資格といいます。また、社会福祉士、介護福祉士などは、名称独占資格といって、資格を持っていないとその名称を名乗ることができません。原則として、国が実施する試験に合格すると取得できるものです。











キーワードでサイト内を検索