ケアマネジャーになる基本条件は

« 分析能力、好奇心、向上心が必要とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネジャー試験の出題テキストは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネジャーになる基本条件は

ケアマネージャー資格試験 ケアマネジャーになるには、一定の資格と一定の期間の実務経験が必要であり、その条件を満たした人が、介護支援専門員実務研修受講試験を受け、合格したらさらに実務研修を受けた後、名簿に登録され、登録証明書を受け取ってはじめてケアマネジャーになることができます。7月ごろに受験申し込みをすると、受験資格の審査が行われ、審査を通過した人には受験票が送られてきます。受験資格や試験内容などの試験の詳細は介護支援専門員に関する省令で定められています。10月末に試験が行われ、12月に合格発表があります。試験を実施する試験実施主体は、都道府県が指定する社会福祉協議会や財団法人などです。











キーワードでサイト内を検索