福祉の求人情報を集めるには

« 福祉の仕事の選考試験は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネージャーの求人情報(インフォメディアリー) »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


福祉の求人情報を集めるには

公的な職業紹介機関としてはハローワークがあります。また、都道府県によっては、福祉重点ハローワークが設置されており、福祉、介護、看護の分野の求人が充実しています。また、社会福祉協議会が運営する福祉人材センター・バンクもあります。福祉人材センターは都道府県社会福祉協議会に設置されており、福祉人材バンクはその支所となって市町村社会福祉協議会に設置されています。無料で職業の紹介をしたり、福祉職場の人材確保の条件を整備したり、福祉従事者の資質の向上を支援したりしています。
 社会福祉協議会とは、地域福祉の推進を図ることを目的とした、地域の住民や関係機関による民間の公益的自立的組織です。生活福祉資金の貸付をしたり、心配事相談、高齢者福祉活動、児童福祉活動、心身障害者援護活動などをしています。













キーワードでサイト内を検索