福祉の仕事の選考試験は

« 応募申し込みの電話の際に気をつけることは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 福祉の求人情報を集めるには »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


福祉の仕事の選考試験は

福祉関係の選考試験は、筆記試験が行われることはまれで、ほとんどは面接試験で決まります。事業所によっては、実習をして選考するところもあります。面接では、事業所や職務内容についての説明を交えながら、志望動機や、略歴などについて質問を受けたりするのが一般的です。福祉分野の知識や技能についての質問をされることもあります。職務内容で知りたいことがあればこちらから質問をしてもよいでしょう。実習が課せられる場合には、1~2日長いところは1週間行い、日当が支給されます。実習により、応募者の適性や即戦力になれる人材かどうかを判断されるとともに、応募者の意思確認をすることができます。











キーワードでサイト内を検索