応募申し込みの電話の際に気をつけることは

« 求人募集が不定期とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 福祉の仕事の選考試験は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


応募申し込みの電話の際に気をつけることは

希望の求人が見つかったら、まず電話で応募申し込みをしましょう。電話をかける時には、ていねいな言葉遣いで最初の印象を良くするよう心がけましょう。電話をかけるタイミングとしては、始業直後や就業間際、昼休みなどの時間帯は避け、自分が静かに、落ち着いて話のできる場所から電話をかけましょう。担当者の部署や名前を確認した後、自分の名前と求人に応募の旨を伝えます。質問事項などは、あらかじめ簡潔にまとめ、メモしておくとよいでしょう。応募の条件や仕事内容以外の労働条件の質問はなるべく最小限にしましょう。











キーワードでサイト内を検索