介護支援専門員連絡協議会と日本ケアマネジメント学会は

« 異なる基礎資格の経験と専門知識を生かすとは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 勤務形態と報酬は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護支援専門員連絡協議会と日本ケアマネジメント学会は

ケアマネジャー自らがその資質の向上と地位の確立を図るために、介護支援専門員連絡協議会を設立しました。研修会を行ったり、ケアプランの作成事例の研究や、調査などを行います。全国介護支援専門員連絡協議会のもとに、各都道府県団体が参加しています。この介護支援専門員連絡協議会と協力して、シンポジウム、講演会、研究会などを開催しているのが、日本ケアマネジメント学会です。ケアマネジメント学の発展と、質の高いサービスの提供のために2001年に設立されました。2004年度からは、認定ケアマネジャー制度を始めています。











キーワードでサイト内を検索