異なる基礎資格の経験と専門知識を生かすとは

« 月単位の決まった仕事以外は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護支援専門員連絡協議会と日本ケアマネジメント学会は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


異なる基礎資格の経験と専門知識を生かすとは

ケアマネジャーは看護師や保健師、栄養士、介護福祉士、社会福祉士などの専門的な知識と経験にもとづく専門職となっています。それぞれの専門性がもつ強みを生かして働くことが求められるのです。看護師や保健師の経験がある人ならば、利用者の体調に異変があった時、どのような処置が必要なのかを判断できるし、栄養士ならば食事に関する具体的な相談に乗ることもできるでしょう。介護福祉士や社会福祉士などでも、その専門的な知識を生かしてアドバイスすることができます。このように、同じケアマネジャーという立場にあっても、以前の職種によって得意分野は様々なので、サービス担当者会議や研修会などで意見交換することで、お互いの知識を高めることができるのです。











キーワードでサイト内を検索