多忙な中でも利用者からの信頼は厚いとは

« ケアマネジャーのスケジュールは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 月初めは給付管理、月半ばはケアプラン作成とは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


多忙な中でも利用者からの信頼は厚いとは

ケアマネージャー資格試験 非常に過密なスケジュールの中で、ケアマネジャーは利用者1人当たり1月平均3時間の労働が必要になります。その中でも訪問に費やす時間が、もっとも多くなっています。また、援助困難事例がケアマネジャーをさらに多忙にしています。援助困難事例とは、経済的困窮や、虐待、目や耳が不自由になったり、精神障害によりコミュニケーションがとれないなど、様々な理由によって援助が混乱する事例のことです。ケアマネジャーはこういった状況をいち早く察知して、根気よく訪問することで利用者との信頼関係を築くことが大切です。多忙な中でも親身になって相談にのるケアマネジャーは、利用者の間で評価が高くなっています。











キーワードでサイト内を検索