ケアマネジャーの役割は

« 介護サービスをコーディネートするのが仕事とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | QOL »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネジャーの役割は

ケアマネージャー資格試験 ケアマネジャーは、高齢者から依頼を受けたらまず、自宅を訪問します。そして、その人の健康状態や家庭の環境、高齢者や家族の希望などを聞きます。その上で必要と思われるサービスを紹介し、本人や家族と相談して利用するサービスを決めていくのです。利用するサービスが決まったら、提供する事業者への連絡や調整をし、その後も実際にサービスがきちんと提供されるかどうかを見守る役割も果たします。ケアマネジャーが手配する居宅サービス事業者は、都道府県の指定を受けて、介護保険の居宅サービスを提供する事業者で、サービスの種類ごとに細かく人員や設備、運営の基準が設けられています。そして、都道府県ごとに設置される国保連(国民健康保険団体連合会)が国民健康保険の医療報酬の審査と支払いの業務に加えて、介護給付費審査と支払い、保険者への請求や苦情処理業務を行い、また介護保険の円滑な運営のための事業を行っています。











キーワードでサイト内を検索