居宅介護支援事業所で働くとは

« 最も働きがいのある職場は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護保険施設では »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


居宅介護支援事業所で働くとは

居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーは、介護保険の理念や制度のしくみを利用者やその家族に伝えるという大きな役割があります。介護保険の理念としては、利用者の主体性を重んじ、自立した生活を送れるよう公平に支援するというものがあるが、居宅介護支援事業所の多くは、他のサービス事業所や介護保険施設に併設されているため、ケアプランに併設の事業所のサービスを組み込むことを要求されます。従って、真に公正なケアプランの作成は難しいのではないかという問題点が指摘されてきています。また、ここのケアマネジャー達は、1人で多くの利用者を担当するので、利用者1人1人に十分な時間をかけられないというケアマネジャーの悩みもあるようです。











キーワードでサイト内を検索