地域ケア会議とは

« ケアマネジメントリーダー活動等支援事業は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護保険法改正案確立に向けて »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


地域ケア会議とは

要介護になるおそれのある高齢者を対象にして、ケアにかかわる効果的な施策を調整する会議を地域ケア会議といいます。介護予防、生活支援の観点から行われ、市町村の担当者や、福祉事務所、保健事務所、社会福祉協議会などの関係者が集まり開催します。多くの複雑なニーズをかかえる対処困難なケースなどに対して、最適なサービス提供にするためにはどうしたらいいかを検討したり、介護保険対象外のケースでの介護予防、生活支援サービスの適切な提供にはどうするかを検討たりします。地域の高齢者のニーズを把握し、各種サービスの内容、数など問題点がないか分析し、地域ケアの充実を図ります。











キーワードでサイト内を検索