介護保険でケアマネジャーの役割が重要となるとは

« 施設サービスと似た居宅サービスは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネジメントリーダー活動等支援事業は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護保険でケアマネジャーの役割が重要となるとは

ケアマネージャー資格試験 ケアマネジャーの資格をもつ人は、2004年末現在で約30万人おり、その中で実際にケアマネジャーとして働いている人は約8万8000人います。ケアマネジャーが働く職場として最も多いのは居宅介護支援事務所で、次に介護保険施設があげられます。2004年の4月からは、グループホームや有料老人ホーム、ケアハウスにもケアマネジャーを置くことが義務付けられた(2004年4月の時点ですでに介護保険適用の施設については、2006年の3月末までケアマネジャーの配置が猶予される)ので、これからますますケアマネジャーの活躍の場が広がっていきます。そして、すでに働いているケアマネジャーの資質を向上させるために、都道府県では介護支援専門員現任研修を開催しています。











キーワードでサイト内を検索