モニタリングとは

« ケアプランの原案検討は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 給付管理票と居宅介護支援介護給付費請求書の作成は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


モニタリングとは

サービスを開始した後も、ケアマネジャーは少なくとも月に1度は利用者の自宅を訪問して面接し、ケアプランがきちんと実施されているかどうか、提供されているサービスの内容が適切かどうか、また、利用者の満足度についてモニタリングします。モニタリングによって、新たな問題やニーズが明らかになった場合は、再課題分析を行って、必要があればケアプランを変更することもあります。
サービス利用票とサービス提供票でそれぞれサービス計画を確認します。サービス利用票は、利用者が利用する1ヶ月分のサービス内容、提供日時、サービス事業者などが記されており、居宅介護支援事業者から利用者に渡されます。サービス提供票は、同じ内容が記載されており、サービス事業者に交付されます。













キーワードでサイト内を検索