インテークの過程と課題分析標準項目は

« 利用者との面談は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 生活課題をとらえる視点は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


インテークの過程と課題分析標準項目は

インテークの過程としては、まず自己紹介して、自分と援助機関との関係を明らかにし、信頼関係の素地をつくります。そしてクライエント(相談者)の実情と要望を聞き、サービス提供機関と役割などを説明し、理解してもらいます。面談によって明らかとなった問題から課題を分析して、ケアプランを作成します。利用するサービスについて十分に説明し、了解を得たら契約します。
 生活課題を把握するためには、厚生労働省が定めた課題分析票を使います。課題分析票の項目は次のように分類されます。個人の機能的な領域としては、ADL(日常生活動作)、身体的健康、精神的健康、個人の外的な環境領域としては、社会関係、経済状況、住生活環境、ケア提供者の状況などです。この課題分析票の結果に基づいて、ケアマネジャーはケアプランの原案をつくります。













キーワードでサイト内を検索