利用者との面談は

« 利用者のニーズに合ったケアプランとは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | インテークの過程と課題分析標準項目は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


利用者との面談は

ケアマネージャー資格試験 利用者にとって最適なサービスをコーディネートするために、ケアマネジャーはまず、利用者と面談することからはじめます。この時が多くの場合、利用者とケアマネジャーが初めて顔をあわせることになりますから、後々利用者とケアマネジャーが、いい信頼関係を築いていくことができるかどうかは、この面談での印象にかかってきます。利用者が日常生活の中でなにに不便さを感じているのか、また、どのような生活をしたいと望んでいるのかなどを、親身になって聞き、最善の解決策を一緒に考える姿勢が必要でしょう。 相談者と相談を受ける人が、初めて出会い、援助を必要とする状況の説明、利用できるサービスなどを話し合って契約を結ぶ過程を総称してインテークといいます。先に記したように、初回の面談は非常に重要です。











キーワードでサイト内を検索