ケアマネジメントを実施する人がケアマネジャーとは

« 社会保険方式を利用した介護保険制度とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護保険がめざす介護の基本方針とは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネジメントを実施する人がケアマネジャーとは

ケアマネージャー資格試験 ケアマネジメントとは、介護保険で居宅介護支援または居宅介護支援サービスと呼ばれています。高齢者のニーズを十分に把握して、ふさわしい介護保険のサービスの種類や内容、また、提供する事業者などの情報を、高齢者に提供することで、自由に選択することができるようにするのがケアマネジメントというシステムです。在宅で暮らす高齢者のためにケアマネジメントを行う機関は居宅介護支援事業者であり、ケアマネジメントを行う人はケアマネジャー(介護支援専門員)と呼ばれています。居宅介護支援事業者は都道府県の指定を受けてケアマネジメントの事業を行います。指定を受けるためには、法人であり、1人以上の常勤のケアマネジャーを置き、運営基準を満たすことが必要です。また、ケアマネジャーは介護保険施設でも働いていて、ケアプランの作成や提供するサービスの調整を行っています。











キーワードでサイト内を検索