支援費制度とは

« 地域福祉権利擁護事業とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 保健福祉部介護保険課運営グループ »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


支援費制度とは

社会福祉基礎構造改革によって2003年4月から、障害者福祉サービスの多くが、従来の措置制度から支援費制度に変わりました。措置制度では、福祉サービス提供の際に行政機関が利用者やサービスの内容を決定しており、利用者に選択権はありませんでした。支援費制度では、障害者が施設訓練等支援、居宅生活支援を利用するとき、自らが利用するサービスを選択し、事業者と契約することでサービス提供を受けることができるのです。 現在、身体、知的、精神の障害の種類によって別々に提供されている福祉サービスを共通の制度によって提供することが検討されており、また、2005年度の改革では見送りになりましたが、いずれは障害者制度と介護保険制度を統合し、介護保険の被保険者を40歳以上から20歳以上に広げ、障害者も含め介護サービスを受けられるようにしようと考えられています。











キーワードでサイト内を検索