要介護認定のための訪問調査とは

« 主治医意見書、その他とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 要介護認定の申請と結果の通知は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


要介護認定のための訪問調査とは

高齢者が介護保険を利用するためには、まず、介護が必要かどうか、またどのくらい必要なのかを認定する要介護認定を受ける必要があります。本来、そのための調査は市町村の職員が高齢者の自宅を訪問して行うことになっていますが、居宅介護支援事業者や介護保険施設に委託する場合もあります。委託を受けた事業者に属するケアマネジャーは、利用者の自宅を訪れて、訪問調査を行います。訪問調査は全国共通の認定調査票を使って、高齢者と面談をします。面談のなかで、高齢者に具体的な日常の動作について、例えば、起き上がれるか、歩けるか、自分で食事がとれるかなどを質問し、答えてもらいます。回答以外にも気になる点があれば書き加えておきます。この調査によって介護保険を利用できるかどうかが決まる大切な調査なので、あくまでも公平に、中立の立場で、また高齢者を傷つけることのないよう行うことが必要です。











キーワードでサイト内を検索