認知症ケアの技法は

« 認知症高齢者の家族の心のケアは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 高齢者虐待とは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


認知症ケアの技法は

認知症ケアの技法には、アクティビティケア、現実見当識訓練、回想法などがあります。アクティビティケアとは、失敗や問題行動などから自信を失いがちな認知症高齢者に、自尊心や自信を取り戻し、生き生きとしたはりのある生活を送ってもらうためのケアです。若い頃に身につけた技術や趣味、特技を生かすことで自信を取り戻すのです。現実見当識訓練とは、リアリティ・オリエンテーションとも呼ばれ、氏名、場所、曜日、時間を周囲の人が折りにふれて繰り返し伝えることで見当識力を高めるという訓練です。こうすることで、不安感を軽減することができるのです。また、高齢者が最近の出来事は忘れがちだが、過去の出来事はよく覚えていることから、介護者が昔の話を聞きだし、本人は語ることで自信や落ち着きを取り戻すという回想法という手法もあります。











キーワードでサイト内を検索