認知症高齢者の家族の心のケアは

« 認知症高齢者の介護の原則は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 認知症ケアの技法は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


認知症高齢者の家族の心のケアは

ケアマネージャー資格試験 ケアマネジャーは、認知症高齢者を抱える家族の心身の負担をケアすることも大切です。家族介護者の介護疲れから、虐待につながるケースもあるからです。介護者に対しては、虐待を責めるのではなく、グループホームや居宅サービスなどの介護サービスを利用することで、負担を軽くするように図るほか、精神的な支援が必要です。そのために、認知症の高齢者を抱える家族の会や、保健所、在宅介護支援センターなどの認知症相談の紹介も行います。介護の人手不足や事故防止などを理由に身体的拘束が行われてきましたが、人権擁護の観点からそれはすべきではないと考えられ、厚生労働省から身体拘束ゼロ作戦推進会議による指針が発表され、介護保険施設での運営基準にも、身体拘束禁止が規定されています。











キーワードでサイト内を検索