認知症高齢者の介護の原則は

« さまざまな臓器の機能が低下してくると | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 認知症高齢者の家族の心のケアは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


認知症高齢者の介護の原則は

要介護高齢者の約4割が認知症だといわれ、2015年には250万人にものぼると予測されています。加齢による心の老化と認知症との区別はとても難しいですが、ケアマネジャーによって認知症を早期発見されることで、ひとりひとりに適したケアを実施できるよう求められています。認知症高齢者の介護には原則があります。まず、あるがままに受け止めることです。否定したり、説得しようとせず、相手を受け止めるのです。次に、排泄に失敗したり、食事などうまくできなかったとしても、しかったりしないことです。しかられてプライドを深く傷つけられることで症状を悪化させてしまいます。自尊心を尊重した対応を心がけましょう。また、できるところは評価して残存機能を生かし、できるものを少しずつ増やしていきましょう。











キーワードでサイト内を検索