高齢期の特徴は

« 起立性低血圧とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | さまざまな臓器の機能が低下してくると »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


高齢期の特徴は

高齢期の特徴として、各種の検査結果の個人差が大きい、薬剤の副作用を起こしやすい、体温や体液量、体液中の電解質の濃度、血糖値など、人体が正常に機能するための内部環境を一定に保とうとする働きであるホメオスタシスの異常を起こしやすい、多くの疾患について精神症状、神経症状を伴いやすい、予後は、環境や社会的な面に左右される部分が大きいなどがあげられます。また、動かずにいることで外界から受ける刺激が少なくなり、意欲や感情が鈍くなったり知的低下がおこったりと、精神機能の低下も起こります。











キーワードでサイト内を検索