主治医意見書、その他とは

« ケアプラン作成、サービス調整とモニタリング、給付管理業務とは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 要介護認定のための訪問調査とは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


主治医意見書、その他とは

ケアマネジャーの主な仕事である訪問調査、課題分析、ケアプラン作成、サービス調整とモニタリング、給付管理以外にも、介護保険施設入所の連絡調整や、保険者、介護認定審査会、主治医、他のサービス機関などとの連絡や調整、また、サービスに対する苦情の受付と取次ぎなど、幅広い仕事があります。
主治医意見書は、要介護認定での2次判定で、第2号被保険者の特定疾病に関する確認や、介護の手間の程度や状況などについての確認、訪問調査の結果の確認と修正に使われます。また、1次判定で認知症の高齢者の認定をする時にも参考とされるものです。













キーワードでサイト内を検索