リハビリテーションを行うとは

« 新予防給付と地域支援事業は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | リハビリテーションの分類は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


リハビリテーションを行うとは

高齢者も適切なリハビリテーションを行えば、機能が回復し、残存機能を高めることができます。最近では、障害といったマイナス面よりも、生活機能というプラス面を重視するICFの考え方が採用されています。ICFとは、2001年に世界保健機構によって採択された考え方のことで、国際機能分類ともいいます。リハビリの対象となる障害としては、四肢の麻痺、知的低下や精神面の障害、目的に沿った運動や動作が困難である失行、感覚を通して対象物を認識できない失認、ろれつが回らない、失語症、嚥下(えんか)障害、感覚障害、不随意運動、痛みとしびれなどがあります。











キーワードでサイト内を検索