介護を社会保険方式でまかなうとは

« フォーマルサービスとインフォーマルサポートの違いは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護給付費の増加 »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護を社会保険方式でまかなうとは

介護保険制度では、保険者は市町村が法に基づいて被保険者を強制加入させ、介護保険事業を運営しています。介護保険に加入している人が被保険者で、65歳以上の第1号被保険者と、40歳以上65歳未満の第2号被保険者の2種類があります。市町村は被保険者が要介護状態や要支援状態にあるかを判定し、要介護認定、要支援認定をうければ、介護サービスが受けられます。介護サービスには、在宅で受ける居宅サービスと、施設に入所して受ける施設サービスがあります。要介護者などに給付されるサービス、購入費などを保険給付といいます。全国共通の介護給付、予防給付と市町村が独自に行う市町村特別給付があります。











キーワードでサイト内を検索