介護支援サービス方法論からケアマネジャー機能の各論部分が出題されるとは

« 介護支援サービスの基本理念、ケアマネジャーの基本姿勢、役割、業務については | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 保健医療福祉のサービス分野は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護支援サービス方法論からケアマネジャー機能の各論部分が出題されるとは

居宅介護支援の目的と内容の部分の問題では、最近は、利用者の年齢、要介護状態区分、既往症、受けている介護サービスなどの具体的事例をあげて問うものが多くなっています。テーマとしては、居宅介護支援事業所の業務や、課題分析、ニーズの把握、モニタリング、家族介護負担の軽減の方法、自己負担が困難な利用者への対応や虐待の発見と対応などについて出題されます。ケアマネジャーは高齢者を対象とし、様々な課題やニーズをもつ高齢者と継続的に対応していくのが業務です。実際のケースを想定する実践的学習を積み重ねる必要があるでしょう。











キーワードでサイト内を検索