要支援、要介護認定の項目からの出題は

« 介護保険制度改革の改正ポイントは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護支援サービスの基本理念、ケアマネジャーの基本姿勢、役割、業務については »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


要支援、要介護認定の項目からの出題は

要支援・要介護認定の項目からの出題は、市町村、主治医、介護認定審査会、ケアマネジャーの役割や業務に関する問題が中心となって、毎年多くでています。認定調査と認定調査票、要介護認定と特定疾病、申請手続きに関する事例的な問題や、審査・判定にもちいられる資料に関する問題、要介護状態の定義、要介護認定の有効期間や申請中の利用者に対するケアマネジャーの対応方法まで幅広く出題されます。特定疾病とは、高齢者に多く、心身の病的な現象と加齢現象との間に医学的な関係が認められ、継続的な介護が必要となる疾病のことです。認知症や脳血管疾患、関節リウマチなど15種類あり、第2号被保険者が要介護認定を受ける理由となる疾病と定められています。要介護認定のための訪問調査はケアマネジャーの大切な業務のひとつなので、要介護認定の項目については実務で必要な知識ととらえてより深く学習しましょう。











キーワードでサイト内を検索