介護保険制度改革の改正ポイントは

« 要介護認定、介護保険給付については | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 要支援、要介護認定の項目からの出題は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護保険制度改革の改正ポイントは

介護保険の保険財政難から、第1号保険料の見直しや、ホテルコストの導入、市町村の保険者機能の強化などが予定されているので、改正ポイントが出題される可能性は高いでしょう。ホテルコストとは、介護保険施設入所者の施設における居住費用のことで、基準額を個室6万円、準個室5万円、多床室1万円にするよう予定されています。低所得者については3段階の軽減措置がとられます。制度改革については確実な情報を入手し、課題を把握するよう取り組むことが必要です。また、居宅サービス計画費の請求に関して、国保連の業務、介護給付費明細書、給付管理票などについて出題されることが多いでしょう。国保連の業務で苦情処理の設問が多いこともポイントです。











キーワードでサイト内を検索