介護保険制度が創設された背景やその意義は

« 基本テキストの構成と出題範囲の構成は違うとは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護保険制度の改正点は(2003年度) »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


介護保険制度が創設された背景やその意義は

近年の出題傾向としては、区分「基本視点」の大項目「介護保険制度導入の背景」の中項目に対する問題で、高齢化の進展と高齢者を取り巻く状況の変化、従来の制度の問題点、社会保険方式の意義の3項目からよく出題されており、なかでも近年は、長寿・高齢化の進展、介護保険施行前の制度、社会保険方式、介護保険制度の目的や意義についての問題などが中心となっています。介護保険施行前の制度とは、老人福祉制度、老人医療制度についてや制度間の不整合について問われます。介護問題と介護保険制度についてはケアマネジャーとなるための基礎の部分となります。基本テキストにそって介護保険制度が創設されるまでの歴史的背景と流れをきちんと学習するようにしましょう。2005年度の介護保険改革が行われても、制度創設の基本視点や制度の根幹部分は変わらないのです。











キーワードでサイト内を検索