基本テキストの構成と出題範囲の構成は違うとは

« 厚生労働省の通知により試験問題が作られるとは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 介護保険制度が創設された背景やその意義は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


基本テキストの構成と出題範囲の構成は違うとは

介護保険制度は、保健・医療・福祉のサービスを総合的に提供するシステムなので、ケアマネジャーになるためには保健・医療・福祉の知識を一体的に習得しなければならない。そういうことから、基本テキストの構成は、出題範囲や試験問題のように、介護支援・保健医療サービスの知識等・福祉サービスの知識等の3分野での構成とは違い、介護保険制度の仕組みに即したものとなっています。出題は基本テキストのなかからされますが、基本テキストは出題範囲とは異なった順番で各項目が編集されているのです。











キーワードでサイト内を検索