訪問調査とは

« ケアマネジャーに必要とされる知識と技術は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 課題分析、ケアプラン作成とは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


訪問調査とは

ケアマネジャーの仕事は、訪問調査、課題分析、ケアプラン作成、サービス調整、給付管理に大きく分類されます。まず、要介護認定における訪問調査を行います。本来この訪問調査は市町村の職員が行うことになっていますが、居宅介護支援事業者と介護保険施設が委託を受けた場合は、それらに所属しているケアマネジャーが行います。新規認定申請の約5割、更新申請の約6割が委託となっています。要介護認定とは、介護保険の利用を希望する高齢者がどのくらいの介護が必要かを市町村が調査し、介護認定審査会で決めることです。保険給付を受けるためにはこの認定が必要です。施設のケアマネジャーが訪問調査を実施すると、要介護度が高くなる傾向がみられたので、2005年度の改革で、施設のケアマネジャーは入所者の調査を行わないとするよう検討されています。











キーワードでサイト内を検索