本番で多くの問題を効率よく解答するには

« 試験1週間前から当日までの準備は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 入浴の介助は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


本番で多くの問題を効率よく解答するには

ケアマネジャー試験は、全部で60問出題され、それを2時間で解答しなければいけません。つまり、1問あたり2分で解答することになるのです。効率よく解答していくためには、まず自分の得意分野の解答から始めましょう。すらすらと解答できれば自信にもつながり、その後の解答も落ち着いてできることでしょう。ただ、マークシート方式で、解答用紙は別になっているので、解答する場所の間違えが絶対にないように印をつけるなどして注意しましょう。1つでも解答欄がずれてしまうと致命的になってしまいます。また、正しい解答を選択する方式なので、もしわからなくても、直感を働かせてなにか選んでおくようにしましょう。終了10分前になったら解いていない問題があったとしても、すでに解いた問題の番号のずれや記入ミスがないか確認しましょう。











キーワードでサイト内を検索