試験1週間前から当日までの準備は

« 試験1ヶ月前の学習は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 本番で多くの問題を効率よく解答するには »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


試験1週間前から当日までの準備は

ケアマネージャーの試験の1週間前になったら、受験要項を読み返して受験日程や時間、注意事項の確認をしましょう。試験会場までは車は使わず、公共の交通機関を利用するようにしましょう。そしてあらかじめどの交通機関を利用し、何時に出発すれば会場まで時間に遅れず到着できるかよく調べておきましょう。試験前日には十分に睡眠をとり、体調を整えておくことが大切です。当日の持ち物でも特に受験票が大切ですので忘れないようにしましょう。また、試験当日の朝は消化のよい食事を少なくとも試験開始の2時間前までにとっておくようにすると、脳に十分な酸素を供給し、頭を最大限使うことができるでしょう。











キーワードでサイト内を検索