ケアマネジャーに必要とされる知識と技術は

« IADL | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 訪問調査とは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


ケアマネジャーに必要とされる知識と技術は

ケアマネジャーにはとても幅広い知識や技術が求められています。具体例は、

1.保健医療の分野の知識
高齢者の身体的・精神的特長、高齢期に多い疾病とその症状、バイタルサインと検査、排泄と失禁、リハビリテーション、認知症(痴呆)と精神障害、食事と栄養管理、感染症、急変時の対応
2.福祉の分野の知識
高齢者ケアの目標、高齢者ケアの原則、コミュニケーションの技術、インテークの技術、隠されたニーズの発見、ソーシャルワークの技術、接近困難事例への対応
3.介護保険制度に関する知識
介護保険の成り立ちと介護支援サービス、各種サービスの内容と介護報酬、介護保険の利用手続き、介護給付費と支給限度基準額、利用者負担の仕組み、指定サービス以外のサービス、高額介護サービス費、福祉用具と住宅改修
4.その他の社会資源に関する知識
障害者福祉制度、生活保護制度、高齢者の権利擁護の制度-成年後見制度・地域福祉権利擁護事業、NPO法人、ボランティア
5.必要な技術
自動車運転、パソコン操作

などとなります。













キーワードでサイト内を検索