自作のテープやノートが効果的とは

« 効率よく学習する方法は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 教育訓練給付制度を利用するには »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


自作のテープやノートが効果的とは

ケアマネージャーの重要事項をテープに吹き込む学習方法は、自分で声に出して話すことで、事柄の内容を要領よくまとめる練習になるし、声に出すことで暗記もしやすくなります。そうしてつくったテープを繰り返し聴くことによって耳から覚えることもできます。最近ではデジタル機器のボイスレコーダーが、小型でパソコンにも接続することができるので、より便利に活用できるでしょう。声を吹き込む学習方法とあわせて、自分なりにケアマネージャーの重要項目の要点をまとめたサブノートをつくると、より理解を深めることができるでしょう。自分の言葉でノートに記入し、テキストや参考書の重要項目や図表をコピーして添付し、自分だけの参考書にするとよいでしょう。











キーワードでサイト内を検索