インターネットを利用するとは

« グループ学習のメリットは | ケアマネージャーのトップページへ戻る | 効率よく学習する方法は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


インターネットを利用するとは

講座に参加している人も独学で学んでいる人も、インターネットを利用すると様々な情報を得たり、仲間を見つけたりすることができます。ネット上にはケアマネジャー試験に対応したさまざまなホームページが開設されています。試験内容の解説や、過去の問題の解答や解説、予想問題だけでなく、制度の改正点の解説や試験情報も掲載されています。受験生同士のチャットのページでは、自宅学習者の交流の場となっており、掲示板やチャット、Eメールを利用して受験者仲間と時間を気にせず意見交換することができるのです。時にはグループ学習に発展したり、合格者からのアドバイスを得ることもできます。











キーワードでサイト内を検索