グループを作って学ぶとは

« 主な通信講座は | ケアマネージャーのトップページへ戻る | グループ学習のメリットは »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


グループを作って学ぶとは

ケアマネジャーを目指す異なった職種の3~6人程度で、定期的に勉強会を開くグループ学習という方法もあります。職種が違えばそれぞれの得意分野も違ってくるので、それぞれが得意分野の講師となってレクチャーしていったり、互いに疑問点を出し合って皆で解決していくなど協力しあうことができます。自分の得意分野の知識を改めて整理しなおし、人に説明することで理解をより深めることもできます。ただ、仲良くなりすぎて話しに夢中になり、勉強どころでなくなったり、お互いの予定を合わせるのが難しいなどの欠点もあるので注意が必要です。











キーワードでサイト内を検索