IADL

« 社会資源 | ケアマネージャーのトップページへ戻る | ケアマネジャーに必要とされる知識と技術は »

寝たきりや痴呆など、要介護の高齢者数は280万人(2000年)にもなります。それが2025年には520万人と、ほぼ倍増する事が予想されています。ケアマネージャー(介護 支援専門員)はその要介護者とサービス事業者を結びつける中心にいます。日本が高齢化社会に突入していることは、だれもが漠然と理解されているとは思いますが、介護に関する問題は皆さん自身、或いはその身近にある他人事では済まされない話なのです。 人間、誰しも年を重ねいつかは介護される側になるのですから、介護について少しでも多くの方に関心を持って頂きたい、そして優れたケアマネージャー(介護 支援専門員)になってどんどん活躍して欲しいと思います。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。


IADL

IADLとはInstrumental Activity of Daily Livingの略で、手段的日常生活動作のことで、調理、掃除、洗濯、買い物、電話の使用、金銭管理や服薬状況などのことを指します。ADLよりも複雑な動作や体力が必要となります。











キーワードでサイト内を検索